アート

テンペラ画【匂坂祐子】


テンペラ画【匂坂祐子】
テンペラ画

ローマ法王から感謝状も。 無条件の愛を描く、テンペラ画作家

“テンペラ画”とは、一般的に顔料と卵黄を混ぜ合わせた絵の具で描く技法のことを言う。その歴史は古く、レオナルド・ダ・ヴィンチの初期の作品「受胎告知」もテンペラ画である。手間も時間もかかるテンペラ画。発祥の地・イタリアでは、今、この技法で絵を描く人は稀だという。

この西洋絵画の原点とも言えるテンペラ画を描き続けているのが、匂坂祐子さんだ。

1996年10月に初めての個展を開催して以来、国内外で多くの作品を発表し続けている。作品のいくつかは、ローマ法王ベネディクト16世やモナコ王室元国王レーニエ3世大公・現国王アルベール2世などのパブリックコレクションになっている。匂坂さんは、その技術でも、作品の美しさでも、本場で認められている作家の一人。描くのは“無条件の愛”。美しくなめらかな絵には、きらめきとやさしさが溢れている。

≪浅井アドバイザーから一言≫

金箔や卵を用いたテンペラ技法による、色彩の発色の良さが特徴です。
優しい表情と描線の美しさは引き込まれるほどの魅力を持っています。

「匂坂祐子」について

【作家名】匂坂祐子
【Webサイト】http://yukosagisaka.com/