セミナー・イベント一覧
ビジネスのヒントに、ネットワークづくりのきっかけに。
富士市産業支援センターf-Bizでは、経営上のあらゆるキーワードをテーマにしたセミナーやイベントを随時開催しています。

メールマガジンにご登録いただくと、セミナーやイベントのご案内がお手元に届きます。

2015年8月20日(木)18:30〜20:30

f-Biz7周年・女性活躍応援セミナー

ビジネスは”女性力”で成長する!
〜私らしく働いて、私らしく輝いて。〜

組織の中で、または起業家や経営者として第一線で活躍する女性が増えてきています。
でもその数は諸外国と比べてもまだまだ低く、出産や育児などのライフイベントと仕事の両立が難しいのも壁となっているはず。
女性がほんとうにいきいきと活躍できる社会の実現に向けていま何が必要なのか、考えてみませんか。

ゲストほか(順不同)

大沢 真知子 氏
日本女子大学 人間社会学部 教授
日本女子大学 現代女性キャリア研究所 所長

南イリノイ大学大学院経済研究科博士課程修了。Ph.D.(経済学)。コロンビア大学社会科学センター研究員、シカゴ大学ヒューレット・フェロー、ミシガン大学ディアボーン校助教授、日本労働協会(現労働政策研究・研究機構)研究員、亜細亜大学助教授を経て、現職。専門は労働経済学。著書に「女性はなぜ活躍できないのか」(東洋経済新報社)、「妻が再就職するとき」(NTT出版)、「21世紀の女性と仕事」(放送大学教育振興会)、「日本型ワーキングプアの本質」、「ワークライフシナジー」、「ワークライフバランス社会へ」、「コミュニティビジネスの時代」(岩波書店)など多数

野村 浩子 氏
ジャーナリスト・淑徳大学教授

84年お茶の水女子大学文教育学部卒業。就職情報会社ユー・ピー・ユーを経て、88年、日経ホーム出版社発行のビジネスマン向け月刊誌「日経アントロポス」の創刊チームに加わる。95年「日経WOMAN」編集部に移り副編集長に、03年1月から編集長。06年12月、日本初の女性リーダー向け雑誌「日経EW」編集長に就任。07年9月、日本経済新聞社、編集委員、12年4月、「日経マネー」副編集長。14年4月から淑徳大学人文学部表現学科長・教授。財政制度等審議会委員など政府審議会委員も務める。著書に「働く女性の24時間」(日本経済新聞社刊)、「定年が見えてきた女性たちへ」(WAVE出版)。

藤沢 久美 氏
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。99年同社を世界的格付け会社に売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。2013年、代表に就任。2007年ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出。文科省参与、政府各省の委員や理事、上場企業の社外取締役など兼務。2013年静岡銀行から依頼を受け、同行初の女性社外取締役に就任。著書に「なぜ、川崎モデルは成功したのか?」(実業之日本社)など多数。「地方創生」の一翼を担う。

園田 正世 氏
北極しろくま堂有限会社 代表取締役
NPO法人だっことおんぶの研究所 理事長

育児サークルの活動中に、アメリカ製の赤ちゃん用だっこ紐スリングに出会う。その良さを他のお母さんたちにも届けたいと、2000年「北極しろくま堂」を設立しネット販売も手掛ける。03年オリジナルスリングなどの製造販売を開始すると、全国のデパートで取り扱われる一大ブランドに成長した。05年日本商工会議所「女性起業家大賞」、日経ウーマン「ウーマンオブザイヤー2006」受賞。08年内閣府「平成20年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰「特命担当大臣表彰奨励賞」受賞。著書に「小さく始めて1億売った ママ起業私の方法」(祥伝社)など。

小長井 義正
富士市長

79年一橋大学商学部卒業、総合商社ニチメン株式会社(現:双日)入社。鉄鋼原料部などに所属し、商社マンとして国内外を奔走。87年富士市に帰郷し、家業の小長井米店を継ぐ。富士青年会議所などの活動きっかけに、97年富士市議会議員に立候補。12年まで15年6か月にわたり富士市議会議員を務め、市議会議長等を歴任。14年1月富士市長就任。生涯青春都市の実現を掲げ、公務にあたる。座右の銘は『知行合一』。趣味はジョギングやバンド演奏(ギター)。現在、自身が提唱した富士市の取組「青春大賞」において、「1000回市民と会い、1000キロ走る」を掲げている。

小出 宗昭
富士市産業支援センターf-Biz センター長

法政大学経営学部卒業後、株式会社静岡銀行に入行。01年 創業支援施設SOHOしずおかへ出向、インキュベーションマネージャーに就任。起業家の創出と地域産業活性化に向けた支援活動が高く評価され、Japan Venture Award 2005経済産業大臣表彰を受賞、企業支援の可能性に目覚める。08年 静岡銀行を退職し独立。自社で富士市産業支援センターf-Bizの運営を受託、センター長に就任。14年エフビズをモデルにした産業支援拠点「よろず支援拠点」が全国47か所にできるなど、独自の中小企業支援ノウハウが注目されている。

開催概要

日時: 2015年8月20日(木)18:30〜20:30
場所: ふじさんめっせ 会議室 (富士市柳島189-8)     
駐車場: ふじさんめっせの駐車場をご利用ください。
対象: 企業や団体の女性活用担当者、中小企業・商店経営者、自治体職員、起業家など100名
参加料: 無料
託児サービス: 6か月児から先着10名まで託児を受け付けします。セミナーの参加申込みと同時に託児利用ご希望の旨を書き添えて下さい。申込期限:8月5日まで
お申込み 件名に「女性活躍応援セミナー参加申込」とお書き添えいただき、
1.お名前
2.会社名または団体名
3.電話番号
4.メールアドレス
5.お住まいの地域(市区町村)
6.託児希望の有無(有りの場合はお子様の名前、性別、年齢/小学生の場合は学年)
以上を明記のうえ、メールまたはFAXで富士市産業支援センターf-Bizまでお申し込みください。
お問合せ 主催者:富士市産業支援センター f-Biz(エフビズ)
TEL.0545-30-6363 FAX.0545-30-6364 E-mail:info@f-biz.jp
主催等: 主催:富士市産業支援センターf-Biz
後援:富士市男女共同参画課
協力:静岡県男女共同参画課・株式会社るるキャリア
このページの先頭にもどる